Lingotto

ホーム » Lingotto

Lingotto

“The next station is Lingotto.” その地下鉄は時間通りに目的地であるリンゴットに到着します。

カルチョに惹かれると自然とそれを取り巻く文化や環境にも興味が湧いてきます。ユベントスのお膝元であるトリノの街もその対象のひとつです。

決して多いとは言えないかもしれませんが、この街にはいくつかの見所があります。最も印象に残ったのは何だろうかと振り返ってみると……。

それは市内南部に位置するリンゴットでした。

この場所に初めて行った2002年、まだ地下鉄など便利な乗り物もなく、中心駅のポルタ・ヌオーヴァからトラムで向かったのを思い出しました。中心部からは少し遠いと感じましたが、そこに構える建物の圧倒的なスケールが印象に残りました。

イタリアを代表する自動車メーカーであるフィアットの工場跡地に建設されたガラス張りの建物は映画館やホテル、ショッピングセンターなどを含む商業施設になっています。また、2006年にはオリンピックのメディアセンターとしてその一部が使用されました。

なかでもリンゴットにあるホテル”Lingotto”は他を寄せつけないほどのインパクトがあります。2001/02シーズンにマルチェッロ・リッピ率いるユーヴェが常宿にしていたこのホテル、とにかく全てが大きいです。各部屋のほか、ロビー、レストラン、中庭がゆったりとしており、初めて利用した時はとても驚きました。

あれから10年以上経って久しぶりに利用した際も、経営母体が変わった以外は当時のイメージのままでした。現在でも隣にあるホテル”Lingotto Tech”と共に国内外のクラブがユーヴェと戦う際に利用されています。トリノでどこに宿泊しようかと悩んでいる方にはイチバンにオススメしたいホテルです。

中心駅のポルタ・ヌオーヴァからリンゴットまで地下鉄で約7分とアクセスは文句なし。8ギャラリーやユーヴェ・ストアもあり、観光スケジュールに組み込むのがベストの選択と言えます。

Link : ユーヴェを観に行こう! ~ 現地観戦ガイド

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

By | 2016-08-18T00:20:55+00:00 8月 16th, 2016|Torino|0 Comments

About the Author:

Leave A Comment

CAPTCHA